通訳案内士試験道場

zoomで通訳案内士試験道場(英中韓・地理・歴史・一般常識・実務)


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。

企業の人事選考には、たいてい面接試験があります。企業の人事担当者と直接対面する訳ですが、その選考基準の1つは話しやすさです。もちろん面接試験では、話している内容も重視されます。志望動機などに説得力があるかどうかも重視されますが、それ以上に印象が重視される企業も多いです。話しやすい雰囲気がある人物かどうかは、ほぼ確実に重視されます。企業によっては、笑顔があるかどうかを重視している事もあります。いくら説得力がある話をしていても、ぶっきらぼうな印象を与えてしまうと、不合格になってしまう事も多いです。面接試験を受けるなら、印象は決して軽視できません。ですから多くの方は、よく自分の姿をビデオ撮影している訳です。撮影した自分の姿を客観的に見てみて、悪い印象を与えていないかどうか確認しています。ところで通訳案内士試験には、口述試験があります。面接官と直接対面して、逐次通訳する試験が実施される訳です。それは通訳案内士試験の特徴の1つです。他の資格試験ですと、面接試験は実施されないケースも多々あります。そして通訳案内士試験の2次試験は、上記でも触れた印象も重視されます。面接官としては、逐次通訳で話す内容も確認していますが、それ以上に印象を重視している事が多いです。そもそも通訳という職業で活躍したいなら、印象は決して軽視できません。ビジネスで誰かとやり取りするなら、印象は確実に重視されます。相手に対して良い印象を与えることができれば、収入も高くなるケースが多いです。その背景もあり、2次試験では受験者本人の印象が良いかどうかも重視される訳です。対策としては、上記でも触れたビデオ撮影などは有効です。自分の姿をビデオに撮影してみて、客観視してみると良いでしょう。相手に対して悪い印象を与えていないかどうか確認してみる訳です。できれば、第三者にビデオを見てもらうと良いでしょう。客観的な目線で見てもらえば、問題点にも気が付きやすくなるからです。