アールシーレンタカー

商用車・特殊車両の損保代車レンタカーなら「アールシーレンタカー」 – アールシーレンタカーは損保・事故代車専門のレンタカー会社です。商用車・冷凍車・特殊車両などご利用者様のニーズに合った様々な車種をご用意しています。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

商用車・特殊車両の損保代車レンタカーは「アールシーレンタカー」にお任せ下さい。ご利用者様の様々なニーズに対応した車種をご用意しております。代車の受付から納車までのスピードは業界トップレベルです。365日専門スタッフが対応。お気軽にどうぞ。

レンタカーは車を借りて乗る車のことを指しますが、現在ではいろんな用途に利用されています。レンタカーで世間一般の人がイメージするのは、自宅から直接マイカーで行けないような離島や遠隔地といったどこかの観光地などへ出かける際の交通手段、あるいは車を所有していない人が何かしらの用務利用などで使う場合を想像されるかもしれません。その場合は専門のレンタカーサービス屋さんが街中や観光地の近くの空港や港近くなどにあり、1日数千円といった感じで手続きをすれば利用可能になります。しかしレンタカーはこれら以外にも地味ですが、あまり大々的に宣伝されることなく利用されている場面があります。そのうちの一例は事故代車としての利用です。普段マイカーを利用されている場合には、稀に事故に巻き込まれる場合もあり得ます。事故に巻き込まれてしまって、使用している車を修理のために修理工場へ入場しなければならない事態に遭遇などすると、車の使用をやめて公共交通機関利用、自転車または徒歩にするか、別の代車を手配しなければならなくなります。加害者の場合だと自業自得で済みますが、被害者の車となるとそうはいかなくなり、加害者側の責任で事故代車の手配となります。その際には加害者が直接手配というわけにはいきにくいので、ここで加害者が加入している任意保険会社の存在感が増すことになります。その被害者が利用する事故代車を利用するにもお金がかかります。これらは加害者が直接負担をするか、あるいは加入している任意保険の契約分を利用する形で間接負担となります。なお事故代車をどれにするかは加害者側の保険会社が直接提案するとは限りません。被害者側が修理依頼した工場の事故代車がどれかを被害者側の修理屋、代理店、保険会社側のどこかから知って、加害者側の任意保険屋さんが経費に計上する形で計算します。ちなみに被害者側が事故代車を求めなかった場合は、もちろんレンタカー代金の請求はできません。逆に被害者側が求めた場合は、最終的に加害者側の担当者から事故に巻き込まれた車の修理代金と利用したレンタカー代金がいくらかを電話や郵送文書などで知ることになります。