ビズアップ

和歌山の外壁塗装・屋根塗装なら海南市「サンエス」(旧宮坂建装)|無料診断実施中


外壁塗装の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

和歌山県の外壁塗装・屋根塗装・防水工事なら海南市「株式会社サンエス」にお任せください。無料診断中!まずはフリーダイヤル【0120-417-117】又は、お問い合わせフォームへお気軽にご相談ください。

和歌山県で外壁塗装するときの時期に関しては、1年中大丈夫そうですが、あまり外壁塗装に適していない時期もあります。特に和歌山県は、年間を通じて雨が多い都道府県の1つです。そのため、時期を上手に選ばなければ予想以上に延長する可能性もあり得ます。塗料が比較的貼付きやすいのは、まず湿度が85%以下の場合です。85%以上になることの方が珍しいかもしれませんが、梅雨の時期や9月の気温がまだ暖かい時期に雨が降る場合には、それぐらいの湿度になり得ることもあります。そのような時期は、あまり外壁塗装に適しておらず、十分な塗装ができない可能性もあり得ます。気温に関しては、5度以上の時ならば大抵塗装をすることが可能です。しかし和歌山県内でも、ごくまれに5度を下回るようなこともあります。暖かいときは、外壁塗装に適しているとも言えますが、35度を超えた場合には塗料が伸びすぎてしまいうまく塗れないことも考えられるでしょう。このような場合には、外的塗装するにあたり普段よりも多くの時間をかけなければならなくなります。そのため、可能な限り真夏は避けたほうがよさそうです。雨が降る場合でも、小雨ならば問題ありません。大雨の場合には、ほぼその時の塗装は中止になってしまうでしょう。外壁塗装の流れとしては、養生から洗浄そして下地補修なども行っていきます。特に下地補修は腕の良い業者が行わなければヒビが入った状態で外壁塗装をすることになり、あまり意味がなくなってしまいます。もちろん外壁にヒビが入る事はそれほど頻繁にあるわけではありません。しかし、地震の多い昨今では震度5以上の揺れでヒビが入ることも考えられます。また、単に経年劣化によりひび割れが発生することも考えられるわけです。このような事例を見ていけば、和歌山県内でもひび割れが発生しているか注意しなければならないところです。もしひび割れが発生していなければ、補修などをする必要もなくなるものです。
『関連情報:和歌山 外壁塗装