ラパン・エンターテインメント

ラパン・エンターテインメント


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京にはモデル事務所が非常に多くあります。仕事が東京に集中しているのが理由ですが、日本人だけでなく外国人モデルも多く所属しています。日本のモデル事務所なのに外国人モデルが多く在籍しているのはなぜでしょうか。外国人モデルの広告は日本人からするとリアリティを感じにくい傾向にあります。その為その広告のモデル通りに自分もなれると言うより、自分に置き換えてこの商品が合うのかどうか判断しやすいのです。化粧品を例に挙げるとモデルは外国人の方を起用している広告が非常に多いです。では日本人ではだめなのでしょうか。そうではなく日本人モデルの場合は配慮や考慮すべき項目が多くキャスティングも難しいからです。日本人モデルだとリアリティを逆に日本人は感じやすく、商品よりそのモデルの好き嫌いで分かれてしまう可能性があります。リアリティを感じ身近にイメージしやすいモデルなので、化粧品なら色合いなど企業がアピールしたい部分よりも顔立ちを意識して自分と比べてしまいます。結果商品に注目されずモデルに注目されて終わる危険性があります。海外のモデルを起用する事で、ならではのオーラや雰囲気から親近感より非日常感を演出されやすいです。だからそのモデルの様になりたいと商品にも注目されやすく効果が高いので起用する事が多いです。そうなると外国人モデルが居ないと話にならず、海外からキャスティングするとなるとコストもスケジュール調整も非常に緻密な作業となります。身近にキャスティングしやすいモデルが必要であり、それが日本のモデル事務所に外国人が所属している理由と言えます。東京はモデル事務所からすると多くの仕事相手である企業本社が集まっています。その企業が広告などのキャスティングに海外のモデルを求めています。だから事務所は日本人だけでないモデルをスカウトし、企業のニーズに応えられる様に準備しているから外国人モデルがモデル事務所に多く在籍しているのです。
『関連情報:東京 モデル事務所 外国人