はなおかIVFクリニック品川

はなおかIVFクリニック品川|JR大崎駅徒歩90秒不妊治療、体外受精専門クリニック


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

はなおかIVFクリニック品川は東京都品川区【大崎駅徒歩90秒】の不妊治療、体外受精専門クリニック

不妊治療における体外受精は、妊娠率が高いことが最大の特徴です。排卵周期に対する妊娠率は、人工授精の4倍とも言われます。それ故、体外受精の適応性が高いと分かった際には、極力、早期に同不妊治療を受けることが推奨されます。その際、人工授精よりも経済的・身体的負担が大きいことを覚えておく必要があります。経済的な負担とは、保険の適用外になるということです。但し、東京の自治体によって条件は異なりますが、ある程度の助成金が支給されます。不妊治療における体外受精の身体的負担としては、先ずは排卵誘発剤の注射が挙げられます。治療中は同注射を毎日受ける必要があります。また、採卵の際には、麻酔をかけて行われます。従来の誘発剤には、卵巣の腫れなどの副作用がありました。しかし、近年では新薬の開発が進んでおり、東京でも副作用の発生は殆どなくなっています。それ以外のデメリットとして、採卵後の腹膜炎なども挙げられます。但し、これも医療技術の進歩によって予防できるようになりました。因みに、新生児の先天異常や染色体異常に関しては通常妊娠と変わらないとされています。不妊治療の体外受精の流れは、初めに排卵誘発剤を使った卵巣刺激が行われます。これにより、複数の卵子が育成されます。その後、卵子を体外に取り出して、精子と受精させるわけです。そして、受精卵が分割してできた胚を子宮に戻すことになります。東京で体外受精が適応されるのは、一つは男性不妊症の場合です。当初は精液の機能改善を図りますが、改善できなければ人工授精又は体外受精が選択肢となります。男性不妊で特に機能不全が認められれば、精巣から精子を採取して顕微授精させます。体外受精の女性側の適応症例としては、卵管の狭窄又は閉塞が挙げられます。いずれの症例も受精できないので、同授精治療が選択肢となるわけです。その他、抗精子抗体がある場合も、適応症例に数えられます。同抗体の存在が認められると、精子の機能低下が疑われるからです。
『関連情報:体外受精 不妊治療 東京