EMIMORE

EMIMORE


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

安心して任せることができるオリジナルTシャツの作成業者を見つけるとほとんどの人がすぐに依頼をします。実績がしっかりしているからと言う理由で安心することもできますし、以前作成してもらったことがあるので、安心して任せることができると判断する人もいるでしょう。もちろん様々な部分がありますが、オリジナルTシャツの作成を依頼して完成した際に、必ず行わなくてはならない部分があります。それは自分自身で検品をする作業になります。自分で着用するためにオリジナルTシャツの作成依頼をしている人の場合は、すぐに確認をする傾向がありますが、販売目的で大量に注文をした人の場合は、一つ一つ確認をせず、後から不良品に気づく場合があります。なるべくすぐにであれば、対応してもらえたのに、1ヵ月以上してから気がつくと、すでに交換をしてもらうことができる期間を過ぎているので、自分の利益が減ってしまうことになります。大量にオリジナルTシャツを作成している場合は検品をすることが面倒に感じてしまい、行わないケースが多くありますが、必ず確認をするようにしましょう。またどの程度であれば交換をしてもらうことができるのか疑問を感じてしまいます。商品が到着したら自分で一つ一つ確認をしますが、白ベースのTシャツの場合は、非常にわかりやすい例になります。白のはずなのに、すでに一部に汚れが付いているなどの場合は交換をしてもらうことができます。この場合は開けてすぐの写真などを用意しておく必要があります。電話で不良品があることを伝えると、状態を知りたいと言われて、メールに写真をつけて送信しなくてはならない場合があります。不良品だからと言ってすぐに捨ててしまうと、状態を相手に知らせることができませんし、何より本当に不良品があったのかと疑われてしまいます。色が少しだけ変わっているだけではなく、既に破れていたり穴が空いているなどの場合は、交換をしてもらえる対象になるので、同様に写真を準備しておくようにしましょう。