FAMILY 研修センター久里浜

FAMILY 研修センター久里浜


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

最近インターネットを閲覧するとよく遭遇するキーワードがあります。「技能実習生」「入国後講習」という2種類のキーワードです。事の発端は日本の少子高齢化にあります。少子高齢化のために働き盛りの若い世代の人口がどんどん減少してきています。日本経済を回復させるといっても、実際に現場で働いてくれる人がいないと話になりません。前述した通り、日本は少子高齢化で若い世代は減少傾向にあります。このような時には外国人労働者を雇って働かせるというのも一つの選択肢ではないでしょうか。「技能実習生の入国後講習」という言葉がありますが、これは外国人技能実習生が日本の企業で実際に労働を開始する前に与えられる準備の研修です。それをきちんとしていないと、日本語を含めて、日本で生活するのが難しくなるからです。そのため研修の中心は日本語研修が大きな部分をしめます。技能実習生の入国後講習では、外国人技能実習生が実際に企業の現場で作業を開始する前に、入国後1か月間の教育が法令で義務付けられているということです。その大切な1か月間を、研修スタッフと共に過ごしながら、研修生たちが日本で快適に暮らせるような指導をします。多くの技能実習生は大きな期待を持って来日しますが、うまく仕事をこなせるのかという大きな不安を抱えています。それらの不安を事前に解消してくれるのが入国後研修の大きな役割です。企業自体でそれをやっているところもありますが、大抵は、外注業者で実習生の研修を行います。技能実習生といってもそれには大別して3種類があります。一般 ・自動車整備 ・介護職種の3種類です。共通するのは日本語の学習や、 日本語の文化や伝統を学ぶということです。そして専門分野により、講習の内容が異なってくるのです。介護職種では当たり前ですが介護に関する勉強が主体となります。今年はあの団塊の世代が全員74歳以上の高齢者となります。このような状況を反映して、 介護職の不足が問題となっています。少子高齢化であれば外国人の介護職を雇ってでも、増え続ける高齢者を支え続けなければなりません。
『関連情報:技能実習生 入国後講習